« 多元的「国分寺」研究サークルの取り組みと「科学としての史学」について | トップページ | 法隆寺金堂高欄格子の文様は「卍崩し」ではなかった »

2016年11月 8日 (火)

ブログの執筆方針を変更

暦の解説を連続で記載しようとしましたが、それでは思ったり発見したりしたことをブログに書けないので、表題のにある「徒然草」通りに、つれづれなるままに書こうと方針を転換しました。太陰太陽暦については、合間に書き続けていくつもりです。幸いなことに(?)まだ閲覧者はいませんのでこの方針転換に不満を抱く方もおらず、安心して方針転換をすることにしました。私はもとより、太陰太陽暦に関する一通りの解説が完了するまではこのブログへ読者を誘導する試みは一切しない方針でしたのでこころおきなく方針転換ができました。もし、太陰太陽暦について閲覧している方が居ればコメントに何が知りたいか書いていただけば、その都度連載とは別途回答したいと思っています。
ブログ方針を明確に掲げておきます。
(1)太陰太陽暦に関して、EXCELで再現できるまで詳しく解説する。
これは、断続的に連載する。
(2)暦と歴史に関することを思いつくままに執筆してアップする。
(3)「古田史学」のカテゴリには多元史観による研究や一元史観の従来説への批判を随時掲載する。
(4)上記に関わらないことがらも、記載することがある。この場合にはカテゴリを明示する。
(5)読者のコメントには上記に優先して回答を記載する。
以上、後日の備忘として記載する。

« 多元的「国分寺」研究サークルの取り組みと「科学としての史学」について | トップページ | 法隆寺金堂高欄格子の文様は「卍崩し」ではなかった »

ブログ方針」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログの執筆方針を変更:

« 多元的「国分寺」研究サークルの取り組みと「科学としての史学」について | トップページ | 法隆寺金堂高欄格子の文様は「卍崩し」ではなかった »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

古田史学先輩の追っかけ

無料ブログはココログ