« 「出雲商業高校」グルーピー21 駅サイトまつり2019 | トップページ | 「出雲商業高校」グルーピー22 JAしまね斐川地区本部 JAまつり »

2019年10月24日 (木)

マーチングのトレンドは「京都橘スタイル」4

マーチングのトレンドは「京都橘スタイル」4

「京都橘スタイル」とは?[マーチングのトレンドは「京都橘スタイル」]

 

 「いまさら」ではありますが、「京都橘スタイル」とそれ以前のマーチングスタイルとの違いを考えてみました。

 簡単に表現すれば「マーチングにダンスを取り入れた」ということですが、では「ダンスを取り入れた」とはどういうことなのでしょうか。「京都橘スタイル」以前から「カラーガード」はダンスをしています。演奏者がダンスをすることもあったでしょう。「京都橘スタイル」は、少なくとも「ダンスをしながら演奏する」ということを挙げねばならないでしょう。演奏しないときダンスをしても「京都橘スタイル」にはなりません。

 また、行進しながら演奏する「マーチング」は、「片足を上げる」のは普通のこと(行進には必須)なので、「京都橘スタイル」は「両足を上げる」つまり「飛び跳ねる」ダンスをするということです。フィギュアスケートでいえば「ジャンプ」が必須演技になっているようなものです。

 さらに、各人がばらばらにダンスをしても「京都橘スタイル」にはなりません。「京都橘スタイル」は、そろって「飛び跳ねる」ダンスをしながら演奏するという「シンクロナイズド・スイミング」の「シンクロナイズド・ダンス」(同期したダンス)も要求事項に含まれています。もちろん、ダンスだけでなく楽器のセットアップ角度なども同期することが要求されます(常時同期する必要はない)。

 では、「演奏しながら飛び跳ねる揃ったダンス」なら「京都橘スタイル」なのでしょうか。私は次の要求事項も含めるべきだと考えます。

① 観客・聴衆をも巻き込む、演奏者自身が楽しんでいる「笑顔」があること。

② 従来の軍隊調のマーチングとの決別した服装であること(軍服にダンスは似合わない)。

  おそらく、「京都橘スタイル」を模倣する多くのマーチングバンドは、②の要求事項を満たすことができないでしょう。それは考えが旧来のマーチングの枠内から脱け出ていないからです。従来のものを変えるには、ものの考え方を変えることが一番大切なのです。これは吹奏楽部の指導者に課せられている問題です(生徒さんには解決できない問題です)。 

 これらを踏まえて次の動画をご覧いただければ幸いです。 

早稲田摂陵高校ウィンドバンド 梅田スノーマンフェスティバル ちゃやまちアプローズ「4k」WASEDA SETSURYO WIND BAND

投稿者コメント
2018年12月9日、早稲田摂陵高校ウィンドバンドさんの梅田スノーマンフェスティバルでの演奏&パレード♪午前と午後の部を編集してまとめました。
Marching Drillあり、パレードありでとても楽しく素敵な演奏ですよ。
♪ クリスマス・フェスティバル・ファンファーレ
♪ クリスマス・ディスコ・キャロル
♪ トゥーランドット
♪ そりすべり
♪ チルドレンズ・クリスマス・マーチ
♪ ディズニー・メドレー
♪ U.S.A

« 「出雲商業高校」グルーピー21 駅サイトまつり2019 | トップページ | 「出雲商業高校」グルーピー22 JAしまね斐川地区本部 JAまつり »

マーチングトレンドは「京都橘スタイル」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「出雲商業高校」グルーピー21 駅サイトまつり2019 | トップページ | 「出雲商業高校」グルーピー22 JAしまね斐川地区本部 JAまつり »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

古田史学先輩の追っかけ

無料ブログはココログ