« 武漢肺炎ウィルスはSARSの20倍の感染力 | トップページ | 科野からの便り(9)「みさか」編 »

2020年2月21日 (金)

武漢肺炎ウィルスの正式名称を推理する

武漢肺炎ウィルスの正式名称を推理する

―「COVID-19」って?―[現代][妄想]

 かのWHO(世界保健機関、World Health Organization)が211日、「武漢肺炎ウィルス」の正式名称を「COVID-19(コービッド・ナインティーン)」と名付けたと発表しました。それまでは「2019-nCoV」(暫定名称?)と呼ばれていたものです。

 そこで、大した意味はありませんが、「COVID-19」の意味を推測(妄想)してみました。

 まず、「COV」は「2019-nCoV」から推測すると「CoV」つまり「コロナ・ウィルス」だと思われます。

 次の「ID」は「AIDS(後天性免疫不全症候群、Acquired Immune Deficiency Syndrome)」から「Immune Deficiency(免疫不全)」だと思われます。

 最後の「-19」は「2019-nCoV」から推測すると「2019年(に発生した)」だと思われます。

 「COVID-19」とは次の意味を持たせているというのが、私の推測(妄想)の結論です。

 

COVID-19」 ⇛ 2019年に発生した免疫不全を起こすコロナ・ウィルス

 

 妄想の結論において重要なのは「免疫不全を起こす」というところです。これが医学的・疫学的に重要だとされた点なのでしょう。

 私は、このような分野には全く素人なので、この推測(妄想)が当を得ているかどうかは、皆さんのご判断に任せますが、歴史学的には最初に発生した場所名「武漢」は重要だと思います。

 ということから、私は「武漢コロナウィルス」と呼ぶことにします(個人的な宣言です)

« 武漢肺炎ウィルスはSARSの20倍の感染力 | トップページ | 科野からの便り(9)「みさか」編 »

歴史」カテゴリの記事

現代」カテゴリの記事

妄想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武漢肺炎ウィルスはSARSの20倍の感染力 | トップページ | 科野からの便り(9)「みさか」編 »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

古田史学先輩の追っかけ

無料ブログはココログ