« カメラ素人のカメラ選びの判断基準―予算(税込)が20万円以下なら― | トップページ | 武漢肺炎は中共起源―「文字の獄」は許さない― »

2020年3月 4日 (水)

事実に基づかない「捏造歴史」三・一運動式典演説

事実に基づかない「捏造歴史」三・一運動式典演説
自国の最新研究成果を無視する大統領[現代][歴史]

 私は、誰が言ったかではなく、何を言ったかを重視している。政治については「誰が」というのは「左翼が」とか「右翼が」とかのレッテルではなく、発言内容を重視するということだ。

 私は以前から、かの半島のかの国の歴史は「捏造・嘘(偽Fake)」まみれだと指摘している。三・一事件(1919)を「暴動」と見るか「独立運動」と見るか(評価)は立場によって異なるであろうが、その死亡者数を水増ししてプロパガンダに利用するのは、明らかな「歴史の捏造」である。

 文在寅大統領は、「三・一運動記念」式典演説で、自国の国立研究機関の研究成果を無視して死者の数を7倍以上もふくらませて演説したのだ。「歴史」は事実(Fact)に基づくべきものである。

 国家基本問題研究所〔注1〕に掲載された次の記事(転載)をご覧ください。

…………………………………………………………………………………………………………………………

国基研ろんだん
2020.03.02 ()

文氏は独立運動死者数の誇張を止めよ 西岡力(国基研企画委員兼研究員・麗澤大学客員教授)

 文在寅大統領がまた、日韓をめぐる最新の歴史研究成果を無視する反日演説を行った。

 文大統領は3月1日、日本統治時代の1919年3月1日に発生した独立運動から101年になる「三・一運動記念式」の演説をソウル市内で行い、「1919年、1年間で実に1542回にわたり行われたデモで、全国でおよそ7600人が死亡、1万6000人がけがを負い、4万6000人が逮捕・拘禁された」と語った。

 文大統領は昨年3月1日の演説でも「202万人余りがデモに参加し、約7500人の朝鮮人が殺害され、1万6000人余りが負傷した」と語っていた。 

 しかし、これに先立つ昨年2月20日には、韓国の国立歴史研究機関である国史編纂委員会が、三・一運動の100周年を期して現存する史料を網羅して大規模に行った研究の結果として、「デモは1687件、延参加人数は103万73人、死者は934人」と発表していた。

 つまり、文在寅大統領は2年連続で、自国の国立研究機関の研究成果を無視して死者の数を7倍以上もふくらませて演説したのだ。

 

  • 公式数字より通説を選択

 私は昨年3月4日の本欄に寄稿した「存在せぬ歴史づくりに疲れる韓国」のなかで、以下のように書いた。

 <日本のマスコミはまったく報じていないようだが、国史編纂委員会は2月20日、三・一運動の100周年を期して「当時の延参加人数は103万73人、死者934人」という最新研究成果を発表した。

 この数字は当時の朝鮮総督府の発表〔注2〕と近いものだったが、それまでの韓国の通説とは大きく異なるものだった。

 通説は、亡命独立運動家の朴殷植が伝聞情報をもとに自著『韓國獨立運動之血史』で示した「参加人数200万人、死者7509人」。一方、朝鮮総督府による公式数字は「参加人数106万人、死者553人」である。

 韓国の公式数字が発表された直後の2月23日、朝日新聞は「(いちからわかる!)朝鮮半島で起きた3・1独立運動って?」と題した特集記事を掲載し、「朝鮮側の記録によると、約7500人の犠牲者が出たとされる」と通説を採用して書いている。

 また、驚いたことに文在寅大統領とその側近の趙国・大統領首席秘書官は、国史編纂委員会の発表後に、それを無視して従来の通説やその3倍の数字を口にした。すなわち、文大統領は3月1日の演説で「202万名余りがデモに参加し、約7500人の朝鮮人が殺害され、16,000名余りが負傷した」と堂々と語った。 

 趙首席秘書官は2月24日に「死亡者2万人」と途方もない数字を上げた。>

 

  • 日本外務省は訂正求めよ

 産経新聞も昨年3月5日にソウル発でほぼ同じ内容を書いた。しかし、文大統領はもちろん、朝日新聞も訂正をしなかった。

 文大統領の事実に反する日本非難が2年連続した。そのことを日本のマスコミはまったく伝えていない。外務省は韓国政府に文演説の間違いを指摘し、訂正を求めるべきだ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

注1 国家基本問題研究所 …… 公益財団法人 国家基本問題研究所(こっかきほんもんだいけんきゅうじょ、Japan Institute for National Fundamentals、略称:国基研・JINF)は、日本の民間シンクタンク。(ウィキペディア(Wikipedia)「国家基本問題研究所」より)
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-5-クレール平河町801号
理事長  櫻井良子
設立年月日      2007年12月18日
設立者  櫻井よしこ

注2 朝鮮総督府の発表 …… 参加人数106万人103万73人)、死者553人934人)(()内が国史編纂委員会の最新研究成果)。文在寅演説では、参加人数202万人余、死者約7500人としている。

この運動に伴う検挙者数・死傷者数に関しては今なお論争がある。朴殷植は事件発生当時上海に亡命しており、死傷者数は伝聞によるものであると本書中で断っているが、韓国の教科書や研究者にはこの犠牲者数を参照しているものが多い。一方、当時の朝鮮総督府の記録「朝鮮騒擾事件道別統計表」(3月1日-4月11日)によると357名が死亡し、負傷者は約802名とされている。ただこの集計は日本から増派された軍が配置され本格的な鎮圧(弾圧)が始まる前のものであること、「内外に対し極めて軽微なる問題となす」べきと総督府側自身がいうように、その発表された数は意図的に少なく抑えられているとする研究者もいる。その他の記録でも検挙者数・死傷者数について食い違いがある。たとえば、和田春樹・石坂浩一編『岩波小辞典 現代韓国・朝鮮』(岩波書店、2002年)では「朝鮮総督府の武力弾圧で約7,500人が死亡、4万6,000人が検挙された」とされている(106頁)。いずれにせよ、独立を唱える大規模な示威行動が朝鮮半島において展開され、その過程で暴徒と化した群集を朝鮮総督府が武力によって鎮圧(弾圧)する際、死傷者が出たことは確かである。(ウィキペディア(Wikipedia)「三・一運動」脚注より)

« カメラ素人のカメラ選びの判断基準―予算(税込)が20万円以下なら― | トップページ | 武漢肺炎は中共起源―「文字の獄」は許さない― »

歴史」カテゴリの記事

現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラ素人のカメラ選びの判断基準―予算(税込)が20万円以下なら― | トップページ | 武漢肺炎は中共起源―「文字の獄」は許さない― »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

古田史学先輩の追っかけ

無料ブログはココログ