趣味(撮影)

2020年3月 3日 (火)

カメラ素人のカメラ選びの判断基準―予算(税込)が20万円以下なら―

カメラ素人のカメラ選びの判断基準

―予算(税込)が20万円以下なら[趣味(撮影)] 

はじめに

 副題にあるように潤沢なお金をお持ちの方はスルーしてください。また、具体的にどのカメラメーカーのどの機種(型番)を選んだら良いかという参考にするつもりの方もスルーしてください。

 この記事は、副題に示した前提で、どんなカメラを購入したら良いか迷っている方に向けて、カメラを選ぶための「判断基準」を独断と偏見によって提示するものです。

「レフレックスカメラ」(「一眼レフ」や「二眼レフ」)は選ばない

 「レフ」は「レフレックス(: Reflex、反射する」の略で、「レフレックスカメラ」とは「光路を折り曲げるための反射光学系を有するカメラ」(Wikipedia「レフレックスカメラ」より)です。ビユーファインダー(「カメラにおいて撮影前に目で構図を決めたりピントを合わせたりするのに使用する覗き窓(英: finder)」(Wikipedia「ファインダー」より))を必ず備えています。

 構造とし、ファインダーに結像させるため、レンズを通った光を上方に反射する鏡(英:miller)と、鏡によって反射した光をさらにファインダーに向けて水平に反射するためのプリズム(五角形なのでペンタプリズム(Pentaprism)という)を内蔵しています(ミラーレスカメラにはミラーやペンタプリズムはありません)。シャッターボタンを押すとミラーが跳ね上がってセンサーやフイルムに感光するという仕組みです。

模式図 レフレックスカメラの構造
Photo_20200303164701

 「レフレックスカメラ」を選ぶなと言う理由は、次の構造上のデメリットが避けられないからです(頼めばメーカーは補正してくれますが)。

・ショックや経年変化によってミラーがずれると、ビユーファインダーでは合焦して(ピントが合って)いてもセンサーやフィルムの像がピンボケになる(ピントがずれている)

 このため、プロ(職業カメラマンや写真作家など)は、レフレックスカメラは定期的に補正に出すと言われています。このような負担をアマチュアには奨められないというのが大きな理由です。また、ミラーやペンタプリズムがある分、次に述べる「重さ」も不利な要素です。 

大きな重いカメラは選ばない

 この理由はシンプルです。プロでないのですから、できるだけカメラを用いる機会を多くするべきです(買って飾っておくのは無意味です)。どんなに性能の良いカメラであっても大きく重ければ自ずと持ち歩かなくなります(これは多くの方が体験していることです)。もしも今、買おうと思っている機種があるのであれば、実機に触れてみて「いつも(常時とか頻繁にとか)持ち歩く気がするか」と自問自答してみてください。 

主に使うシーンにあったセンサーサイズを選ぶ

 夜景や星空などの撮影(暗所での撮影)が主なら、なるべく大きなセンサーサイズのカメラ(光量を稼げる)を選ぶべきですが、昼間の野外や十分な光量が望める室内の撮影が主であれば、フルサイズは選ばない方が賢明です。その理由は、次の通りです(センサーサイズが小さいカメラと比べて)。

・フルサイズは本体が大きくて重い

・フルサイズはボディもレンズも高額である。
〔ボディとレンズで20万円を越える(前提条件に反する)と思われます〕

センサーサイズの比較
Photo_20200303165101

レンズ交換可能なカメラを選ぶ

 私は、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)しか持っていませんので、より広い画角が欲しくなる時があります(後ろに下がって撮影することができない場面などで)。レンズ交換できなくて残念に思うことが度々あります。レンズ交換可能なカメラなら(レンズを買い足せば)そんな思いをしなくて済みます(レンズ交換によってたいていの不満は解消できそうです)。

「4K」動画を撮れるカメラを選ぶ

 ビデオカメラとカメラの2台を持ち運ぶのは論外ですので、動画を撮れるカメラを選びましょう。できれば「4K」動画を撮れる方が、後々のためです(モニターが「6K」や「8K」の時代になると「4K」動画が撮れないと不満の種になります)。なお、連続撮影時間が30分未満のカメラがありますので、撮影の場面を考えて選んだ方が良いでしょう(30分以上だとビデオカメラ扱いとなって関税が高い(輸出に不利な)ためそんな設定になっているようです)。

バッテリー容量の大きいカメラを選ぶ

 撮影する機会が多い旅行などの用途では、予備バッテリーをいっぱい持ち歩いたり、頻繁に電池交換(当然充電も)したりするのはとても億劫な(チャンスを逃す恐れもある)ことですから、バッテリー容量が大きいカメラや、バッテリー容量が小さくても大容量モバイルバッテリーから給電(撮影中も充電)できるカメラの方が望ましいです。

まとめ

 以上を考慮すると、レンズを含めて消費税込20万円以下のセンサーサイズが「APS-C」または「マイクロフォーサーズ(4/3)」の「4K」動画の撮れるバッテリー容量の大きい(あるいはモバイルバッテリーから給電できる)「ミラーレス一眼カメラ」を選ぶ、というのが私(カメラの素人)が推奨するカメラ選びの判断基準、ということになります。

 もちろん、フルサイズカメラを買えるお金があって、大きく重いカメラでも持ち歩けるという方は、こんな「判断基準」は無視するのが賢明であることは言うまでもありません。

2019年9月13日 (金)

令和元年「鴨川合同祭」・大浦の「担ぎ屋台」

令和元年「鴨川合同祭」・大浦の「担ぎ屋台」

―鴨川市指定無形民俗文化財―[趣味(撮影)][観光・旅行]

 「鴨川合同祭」は千葉県鴨川市の神社(大浦・八雲神社、弁天島・厳島神社、川口・白幡神社、貝渚・八幡神社、前原・日枝神社、横渚・厳島神社、横渚・熊野神社、横渚・八雲神社、横渚・諏訪神社)の合同祭礼です。屋台(地車、「やーてぇ」)は大浦八雲神社、白幡神社、八幡神社、熊野神社の4台、山鉾(山車、「ほーこぉ」)は日枝神社・横渚八雲神社・諏訪神社の3台、神輿は上記七社に横渚厳島神社の子供神輿を加えた8基、そして鴨川市指定無形民俗文化財の大浦の「担ぎ屋台」を見ることができます。7日には鴨川小学校校庭に屋台と山鉾が、「鴨川マリーナ」駐車場広場を会場として神輿と担ぎ屋台が集結し、8日には鴨川駅前広場に神輿・屋台・山鉾の全てが集結する予定でしたが、台風15号接近の予報につき安全第一として、残念ながら駅前集結は中止となりました。

 大浦の「担ぎ屋台」というのは、車輪のない「屋台(地車)」を棒で担ぐという“ハイブリッド神輿”です。乗っている笛・太鼓の奏者は、屋台がもまれても落とされても自身の足腰だけで支えて演奏をし続けるという迫力満点のものです。鴨川市のホームページには、「江戸時代の天保4年(1833)に、厳島神社の弁財天の祭礼で初めて披露され、現在に至っています。屋台は船を象徴し、大漁と漁の安全、無病息災の願いを込めて、鴨川地区内を2日かけて巡行します。派手な衣装を身にまとった50人程の担ぎ手たちが、太鼓の奏者を乗せたままの重さ約1トンの屋台を、激しく勇壮に「もむ」様は圧巻です。」と紹介されています。

 磯村(鴨川漁港近傍)の厳島神社は、承知年間(834837年)に唐から帰って大浦地区を訪れた慈覚大師 円仁(著書『入唐求法巡礼行記』)が自ら弁財天の像を彫って安置したのが始まりと言い伝えられています(伝承が正しければこの時代は既に「神仏混淆」)

 磯村・厳島神社の本開帳の間隔は60年と長く、本開帳を見るのは一生に一度のことで、直近の本開帳は2013年でした(中開帳はその中間の30年目にあります)。私が子供の頃(1953年の本開帳)には弁天島に渡る橋はなく、開帳の際には漁船を横向きに連ねて板を渡して縛って橋がわりにしていました(『古事記』にある「天浮橋」(海人の浮橋)とはこれのことかも)。磯村育ちの父は「弁天島にはよく泳いで渡ったものだ」と話しておりました。

 弁天島は磯村・厳島神社の社殿があるだけの小島で、屋台・神輿の備えはなく(「子供神輿」は横渚厳島神社のもの)、「担ぎ屋台」は大浦の八雲神社の境内に格納され管理されています。そんなこともあって、地元では「大浦の(八雲神社の)担ぎ屋台」という認識が一般的です。祭り納めとして八雲神社(祭神は素戔嗚尊(天王さま)、鴨川合同祭の神社では一番の高所に鎮座する)の階段を「担ぎ屋台」が昇って行く夜景シーンを見ることが、地元民にとって祭りの最高の楽しみとなっています。

 「百聞は一見に如かず」ということで、神輿集結会場で「担ぎ屋台」を撮影した映像をYouTubeにアップしましたのでご覧ください。

 なお、あちらの半島とのご縁によって歴史認識に誤りのある方は、「大漁旗」や屋台の屋根に描かれた「旭日」で「火病」を発症する恐れがありますので、事実はご覧にならないのが賢明だと思います。

 

YouTube
(https://youtu.be/3zBb_rgKyhI)

2019/09/07令和元年の「鴨川合同祭」・大浦の担ぎ屋台1

投稿者コメント
屋台がもまれても落とされても演奏が途切れないのが見所です。
一脚(Gimbal無し)に装着したホームビデオカメラ(解像度AVCHD)で撮影したブレブレの見苦しい映像ですがご容赦ください。また、会場には他の神輿の巡行もあり、担ぎ屋台の前方を後ろ向きに歩きながらの撮影は危険なので、主に担ぎ屋台の側方や後方からの撮影となっています。
録画が長時間なのでファイルが分割され、2が1の続きです。

 

https://youtu.be/qk0Y6m6kvw4

2019/09/07令和元年の「鴨川合同祭」・大浦の担ぎ屋台2

投稿者コメント
2019/09/07令和元年の「鴨川合同祭」・大浦の担ぎ屋台1の続きです。この動画は担ぎ屋台の会場での巡行終了までです。 

2019年8月29日 (木)

SONY α6600,6100発表

SONY α6600,6100発表

α6500が妥当な進化[趣味(撮影)]

【追加】
詳しい商品情報(主な仕様など)のリンクを末尾に追加しました。(2019/08/30)

 8月28日、SONYからAPS-Cのカメラ2機種が発表された。私が関心をもっていたのはα6500の後継機だったのでその概要を書きだした。

・コンパクトなボディ(APS-C機なら当然(寸法は未詳))

・リアルタイムトラッキングAF(動く物体を追い続けるAF)

・リアルタイム瞳AF

・動物用リアルタイム瞳AF

・ワイドAFポイント(425点)

・AF速度0.02秒

・ステッドファスト・トラッキングAF(AFの動体追跡性能が進化した。AFの何が不動で速いのかは知りません

・AF/AEにおいて秒間11枚の速度で116枚の連続連射

・ボディ内蔵5軸手振れ補正機構

・24.4メガピクセルの高解像度

・感度:ISO100~32000(拡張:下限ISO50、上限ISO102400

・自然な肌色調

・4K HDR(HLG)の動画記録(可能)

・クリエイティブな表現向けのピクチャープロファイル(S-Log3/S-Gamut3)

・動画用リアルタイムトラッキングAF

・動画用リアルタイム瞳AF

・前面に向くフリップスクリーン(α6400と同様なチルト式、上側180度・下側74度)

・マイクロフォン及びヘッドフォン端子

・2349KドットXGA OLEDビユーファインダー

・カスタマイズできるボタン及びダイアル

・2.2倍長寿命なバッテリー(充電池がWからZバッテリーになった。バッテリーの分100gほど重量が増加した。)

・20万回の信頼性のあるシャッター

・マグネシウム合金ボディ

・Imaging Edge(ソフトウェア)によるスマートフォンやPCへの接続

 

YouTube Sony|α|α6600|Product|Featureより)

SONY デジタル一眼カメラ α6600 【2019/08/30追加】

2019年8月14日 (水)

満月の二日前の月(8月13日午後9時半)

満月の二日前の月(8月13日午後9時半)

台風に備えて[趣味(撮影)]

 

 台風の影響で撮影が困難になると予想して、ちょうど二日前の月を撮影しておくことにしました。8月15日午後9時29分の満月が撮影できなかった時には、想像で補って脳内変換した満月をお楽しみください。この月も薄雲に包まれていましたが、それなりに撮ることができました。

コンパクトデジタルカメラ:Nikon Coolpix A900
撮影日時:2019/08/13 21:30:03
Jpeg撮って出し 5184×1338ピクセル 1.72MB
望遠302mm35㎜換算)
ISO:オート(80
シャッター速度:1/80秒
絞り:f/6.9
手振れ補正:無し(0段)、三脚、10秒タイマー使用。

8月13日午後9時30分の月
Dscn1679

2019年8月 9日 (金)

「月齢」について―夢ブログの肥さんから―

「月齢」について

夢ブログの肥さんから―[趣味(撮影)]

 

 肥さんの夢ブログ 正午月齢と撮影時刻とのズレで「月齢」とは正午月齢のことであると教えて頂きました。ただ、リンクされている国立天文台暦計算室のサイトが「各地のこよみ(東京地方)」のページのURLでしたので、日本全国で使えるCGI版をリンクいたします。

国立天文台暦計算室のサイト:こよみの計算(CGI版)

 ここでは「年月日」と「計算地点」を指定して「月の満ち欠けカレンダー」の「GO」ボタンをクリックして頂くと、その月の各日にちの「月齢(正午月齢)」が表示されます。朔(新月、これは撮影できない)上弦・望・下弦の月を撮影される方はご利用ください。

「上弦の月」を逃した(8月8日)

「上弦の月」を逃した(8月8日)

午後5時で既に過ぎていた[趣味(撮影)]

 

 夕方に月を見上げたら、既に「上弦の月」を過ぎていました(薄雲の中)。昨夜だったのかもしれない。少し暗くなってからもう一枚撮って終了(残念)。

17:19:10 16.9㎜ ISOオート(80) 1/250 F5.0
Dscn1641

18:20:26 302㎜ ISOオート(80) 1/100 F8.0
Dscn1659

2019年6月18日 (火)

月の撮影、リターンマッチ

月の撮影、リターンマッチ[趣味(撮影)]

昨夜といっても3時頃なので今日なのだが、薄雲の中の月だったので、今夜蚊に刺されながら再挑戦した一枚です。
肥さんの夢ブログで昨日午後8時ころ月齢12.7とあったので、今夜のこの時は月齢13.8くらいか。

【2019/06/18追記】

肥さんの夢ブログの月齢が違っていて、満月は17日 17時 31分 だったようです。ということは、この23時ごろの月齢は15.0と計算されますので、満月を少し(0.25)過ぎていたようです(満月の月齢は14.8〔詳しい値は14.75〕)。よく見ると右側が少し陰り始めているようです(私の目はあてになりませんが)。

2019年6月17日 23:14:36 Nikon Coolpix A900 302mm(35mm換算) ISOオート(80) 1/160 f6.9
Dscn1585

2019年6月17日 (月)

薄雲中の満月

薄雲中の満月[趣味(撮影)]

夕方6時頃に満月が出ていて、後で暗くなってから撮ろうと思ったが、寝落ちしてしまった。
この時刻の直前目が覚めて、オットリ刀(カメラ)で外に出てみると、月は山に沈む手前だった。
しかも薄雲をまとっている。それも趣(おもむき)じゃないかと負け惜しみをつぶやきながら撮った一枚です。

2019/06/17 02:54:58 Nikon Coolpix A900 151mm(35mm換算) f6.9 1/40 ISOオート(80)
Photo_90

 

2019年6月 6日 (木)

息抜きも必要だが気が抜けなかった

息抜きも必要だが気が抜けなかった
―「柿の種」をネタに―[][芸術]

 古代史に限らず何かを探求するのはとても面白いものですが、根を詰めると疲れるものでもあります。そんなときは、亀田製菓の「柿の種」をつまみにサッポロビールの「麦とホップ」(500ml缶)をやることにしています。以下、雑談なので聞き流すか無視していただけば幸いです。

 亀田製菓には一言いいたいことがあります。商品名は「柿の種」だけど中身は「柿の種・ピーナッツ」ではありませんか!(☚大人げないこと言っています

 私の知っている限りでは、亀田製菓の「柿の種」には「9袋詰」と「12袋詰」があります(他にもあるでしょう)。今回はスーパーマーケットで購入した「12袋詰」のお話です。とは言っても「袋詰」の話ではなく中に入っている小袋、それもそこに書かれている「こばなしのたね」についての話です。

 

 律儀に「こばなしのたね」に振られている番号順に紹介します(スペースは改行です)。

①(その20)「ママチャリは 海外でも大人気!」…それだけの話

②(その23)「おいしいものが 出てくる蛇口」…宇治の小学校のお茶、松山空港のミカンジュース、高松空港のうどん出汁が蛇口から出るという話(つまり、所かわれば品かわるという話)

③(その25)「赤ちゃんの泣き声の 音階は「ラ」!」…身体の構造上、世界共通でだいたいこの音しか出せないという話

④(その27)「実は意味があった! 信号機の向き」…降雪地方の積雪で壊れるのを防ぐという話

⑤(その29)「お日さまの匂い その正体はコレ」…綿のセルロースが紫外線で分解されたアルデヒド・脂肪酸・アルコールなどの匂いだという話

⑥(その30)「1円玉の製造費は 1円以上!」…1.6円~2円の費用が掛かっているという話

⑦(その32)「北極と南極、 寒いのはどっち?」…北極は海上にあるので南極の方が寒いという話

⑧(その35)「食味検査員」…厳しい試験をパスした検査員が品質を支えているという宣伝話

⑨(その44)「「ハンバーグ」の 語源」…ご存知ドイツのhamburgという話

⑩(その49)「弘法の筆は何を “誤った”のか?」…平安京の「應天門」の点を一つ書き忘れた話

⑩(その49)「弘法の筆は何を “誤った”のか?」

ガーン!同じ「こばなしのたね」が入っていた!これでは「11袋詰」ではないか!

⑫(その50)「そんなに甘くは ありません!」…ホテルのsuite roomの話

中身を読む前に題名に「コノヤロー!」と思わずつぶやいてしまった。

 この年(古希)になると、えらくもないのに(年齢を重ねるのに努力は要らないから)、そんな話は知っとるわいと、ほざいてしまった。しかし、③と⑩は事実かどうかは心もとない話である。⑩はよくある「講釈師、見てきたような嘘を言い」ということなので、目くじらを立てるほどのことでもない。

 だが、③は今でも確認できる話だけれども、それを確認しようとも思わない程度の話(噂話)である。ただ、ISO(国際標準化機構)の回し者(900114001の監査員)をやっていたせいで、「ラ」ってISOで「A=440Hz」だったはずだなと思ってしまって、確認するためにググってしまった。

ググるんじゃなかった!後悔先に立たず、である。

 基準周波数Aというのは、ISOごときが太刀打ちできるしろものではなかったのである。次のサイトをご覧ください。

基準周波数A=440Hzって何?

2019年5月20日 (月)

今夜の月(2019/05/19)

今夜の月(2019/05/19)

「十五夜」の月—[趣味(撮影)]

 

月齢14.2になるのかな。Jpeg撮って出し。23:50頃。

181.2mm(35mm換算)1/100、f8、ISO80(オート)。光学ズームで撮ったつもりが、拡大し過ぎて42倍デジタルズームに。
Dscn1408

302mm(35mm換算)1/100、f8、ISO80(オート)。デジタルズーム70倍。
Dscn1409

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

古田史学先輩の追っかけ

無料ブログはココログ